ここに新規アナウンスが入ります。ここに新規アナウンスが入ります。ここに新規アナウンスが入ります。

お知らせの詳細を見る

独学でシステムを作成した大学3回生

代表小谷が株式会社Crisp Codeを創業する前の2017年、当時クライアントだったとある弁護士事務所様の代表から、「オリジナルの顧客管理システムを作れるか」という相談がありました。

詳しく話を伺うと、様々な課題を抱えていらっしゃったのです。

  • 社員が担当している顧客情報は、社員のパソコンのエクセルにしかなかった
  • 代表は社員と顧客のやりとりを把握できないため、問題が表面化してから対策を打たざるを得なかった
  • 顧客の情報を確認したくても、社員に聞きづらいこともあった

明らかに変わった社内の風通し

当初は社員から「仕事をしていないと思われているのが嫌だ」、「管理されたくない」といった反発意見もありましたが、システムが社内に徐々に浸透していくと明らかに社内の風通しが変わりました。社員の動きが可視化されることで適切な評価に繋がった、取引先とのトラブルを未然に防げた、社外からも情報を確認できるので便利、といった嬉しい意見が出てくるようになったのです。

完全オーダーメイドで作成したシステムには、代表の意向で搭載したある機能がありました。それは、情報更新時に代表にメールで報告することができる機能です。そのおかげで社員も気軽に代表に相談でき、代表も社員がどこに悩んでいるのかを把握することができる、社内のコミュニケーションツールとして活用されるようになりました。

これらのことから、顧客管理システムは自社と顧客を繋げるだけではなく、代表と社員も繋げるハブになることに気が付き、様々な人を繋げる = ties(tieの複数形) と名付けました。

わたしたちが取り組む意義

ユーザーが自由に項目をカスタマイズできる顧客管理システムは既に存在しますが、機能が多岐に渡ることから設定が複雑化しており、お客様自身で設定することが難しいという声をよく耳にしてきました。そのため、8割もの個人事業主や中小企業はエクセルシートや紙を使った管理に頼っています(2021年7月 自社調べ)。

しかし、エクセルでは情報共有を苦手としており、複数人で管理するツールには向いていません。複雑に組み込めば組み込むほど動作は重くなり、簡単に持ち出せてしまうことによるセキュリティ面での脆弱性もあります。さらに、エクセルはフロー業務の管理を苦手としていることから、代わりになるツールが少ないとの声もあります。

わたしたちはこのような声に応えるべく、安くて使いやすく、エクセルより機能的で便利なサービスを作ろうと日々取り組んでいます。

業務システムだからこそ、遊び心を大切に

初代からリニューアルしたtiesは、”人目でわかる”を追求したデザインに仕上げました。「いかにわかりやすく、ユーザーが自由にカスタマイズできるか」という命題を立て、操作画面から無駄なものを省き、テストユーザーのフィードバックも参考にしながら組み立てていきました。

そして見た目を良くするだけではなく、毎日使うからこそ使っていて楽しいと思える業務サービスを作りたいと考えています。アニメーションで画面を動かしたり、少し遊び心を取り入れてみたりすることで、業務システムに全く新しい価値を提供します。

tiesが浸透した未来

中小企業はマメに情報を管理・共有することを苦手としています。しかし、結果的には今まで隠れていた情報を見える化することで機会損失を無くすことにつながります。ひいては自社の強みを把握することができ、業績を上げることにつながると信じています。そのような企業が増えれば、日本や世界企業の底上げに繋がり、豊かな生活に繋がるでしょう。

私たちが考える未来は、あらゆる人・モノ・情報・金がシームレスに繋がり、情報過多な時代でも効率的な情報管理ができる世界を目指しています。あらゆる人が抱えている「情報が管理できていない」「管理するのが面倒くさい」問題を解決するためには、情報を管理”する”のではなく、管理”し合う”ことが大切だと考えています。今までの顧客管理は自社のために管理していましたが、お互いのために情報を出し合い、管理し合うことができれば、より効率的な情報管理ができると考えています。

そして最終的に、人にしかできないことに時間を割ける世の中になることが私たちの願いです。

サポート

ご不明な点やご質問・ご要望などございましたら、以下の窓口をご利用ください。

お問い合わせフォーム

導入に関するご相談など、お気軽にご連絡ください。

お知らせ

サービスのアップデート情報などを発信しています。